補聴器の選び方や値段などのご相談は、『認定補聴器専門店』へ

補聴器センターアイは、広島の認定補聴器専門店です。

TEL.082-541-3311

〒730-0051 広島市中区大手町3-1-8

聞こえの基礎知識

聞こえの仕組み

一般的に「耳」といえば外見から見える部分(耳介といいます)を思い浮かべる方が多いと思いますが、じつは「耳介」は耳のごく一部にしかすぎません。耳は「外耳」「中耳」「内耳」の3つのパートから構成され、それぞれに重要な働きを持っています。聞こえについての理解を深めることは、快適な補聴器装用をするためにも大切なことです。 ①耳介で集められた音は②外耳道から③鼓膜に伝わり機械的な振動に変わります。さらに鼓膜の振動は中耳にある④耳小骨を伝わり、内耳の⑤蝸牛にある有毛細胞を刺激させ電気信号へと変わります。そして、電気信号は⑥聴神経を伝わり脳で言葉として認識されます。

難聴の種類

音が脳に達するまでの間に、何らかの原因によりその流れが邪魔された場合に「難聴」が起こります。難聴には伝音難聴と感難聴があり、両者には大きな違いがあります。難聴は治療により回復する場合もありますので、補聴器を購入する際は耳鼻咽喉科専門医に相談することをおすすめします。
  1. 伝音難聴

    伝音難聴は鼓膜や耳小骨などの伝音系の障害で起こります。伝音難聴は音を大きくすれば聞き取りやすくなるので、補聴器の使用により聞こえの改善が期待できます。伝音難聴の原因としては、中耳炎、耳垢栓塞、耳硬化症などがありますが、医学的に治療が可能とされているものもあります。 [キーワード]伝音難聴・鼓膜・耳小骨・中耳炎・耳硬化症
  2. 感音難聴

    内耳から脳までに何らかの障害があることで起こる難聴です。感音難聴の原因はさまざまですが、加齢によるものの他にメニエール病、突発性、騒音性などがあります。感音難聴は単純に音が小さく聞こえるだけでなく、周囲の騒音と言葉の聞き分けや周波数の聞き分けの分析力など、様々な機能低下が複合的に起こるため、聞こえにくさには個人差があります。 [キーワード]感音難聴・加齢・メニエール病・突発性難聴・騒音
  3. 混合難聴

    伝音難聴と感音難聴の両方の症状が複合的に起因している難聴です。

聞こえの衰えは、聴覚機能の衰え

聞こえの衰えは30 歳代から徐々に始まると言われます。聞こえの衰えは老眼と同様に加齢とともに誰にでも起こり得ることですが、加齢による聞こえの衰えは単に音が小さく聞こえるだけでなく、様々な聴覚機能の衰えでもあります。
  1. リクルートメント現象(補充現象)

    補充現象は内耳の蝸牛内にある外有毛細胞の障害により引き起こされるラウドネス(音の大きさの感覚)異常です。補充現象のある方は、わずかな音量変化にも敏感になるため、小さな音声は聞こえないのにもかかわらず、大きな音声になると割れたり・響いたり、異常にうるさく感じるなどの症状があります。 [キーワード]補充現象・内耳・蝸牛・有毛細胞
  2. 語音弁別能の低下

    語音弁別能が低下すると、十分聞き取れる声の大きさにもかかわらず言葉の聞き取り(弁別)が困難になります。これは、内耳にある蝸牛の有毛細胞の損傷が原因といわれています。また、難聴を長期間放置したことによる聴覚の廃用も語音弁別能の低下の原因といわれています。 [キーワード]語音弁別能・有毛細胞・聴覚の廃用
  3. 時間分解能・周波数分解能の低下

    時間分解能や周波数分解能が低下すると、多人数での会話や早口が聞き取りにくくなったり、騒音下での言葉の聞き取りが困難になります。 [キーワード]時間分解能・周波数分解能

補聴器は早期装用が重要です

聞こえにくいと感じたら、できるだけ早めに補聴器を使用することが大切です。しかし、「補聴器なんてまだ必要ない」とか「早くから補聴器に頼ってしまうと自分の耳がダメになる」などと思い補聴器の使用を先延ばしにされる方が多くいます。 しかし、聞こえにくいままの状態を長年放置してしまうと、使われなくなった聴覚機能は徐々に衰えてしまい、ことばの聞き取りも難しくなってしまいます。 補聴器を使用するということは、機械に頼るわけではなくご自身の聴覚機能を活用するリハビリテーションでもあるため、聞こえにくいと感じたら耳鼻咽喉科専門医に相談し、できるだけ早めに補聴器の使用を始められることをおすすめします。
  1. 加齢による難聴は、高い周波数から徐々に進行するため気づきにくい

    加齢による難聴は、高い周波数から徐々に進行していきます。これは、内耳にある蝸牛の構造に理由があります。蝸牛の入口に近い場所には高い周波数を感じる細胞があり、奥にいくほど低い周波数を感じる細胞があります。高い周波数のみが聞こえにくい状態は、分厚いマスクを着けた方の話を聞いたような感じで、声がこもって聞き取りにくい状態ですが、難聴であるとの自覚がない方が多いようです。
  2. 家族からテレビの音量が大きいと言われたら要注意!

    家族からテレビの音量が大きいと言われたことはありませんか?自分ではちょうど良い音量で聞いているつもりでも、じつはテレビの音量は意外と大きいかもしれません。
  3. 聞こえにくいと感じたら、まずは耳鼻科に相談

    難聴の原因は加齢だけではないため聞こえにくさを感じたら、まずは耳鼻科で相談をしてください。中耳炎などの耳の疾患や耳垢が原因で聞こえが低下することもあり、適切な処置をすれば聴力が回復することもあります。