補聴器の選び方や値段などのご相談は、『認定補聴器専門店』へ

補聴器センターアイは、広島の認定補聴器専門店です。

TEL.082-541-3311

〒730-0051 広島市中区大手町3-1-8

FAQ

FAQ

あまり不自由を感じないので、必要なときだけ補聴器をしてもいいですか?

難聴の程度が軽度の方であれば必要に応じて補聴器を使用してかまいませんが、難聴の程度が中度以上の方の場合、毎日5時間以上は補聴器を使用していただくことをお勧めしています。

補足説明:聞こえない状態が長く続くと聞こえないことに耳(脳)が慣れてしまうため、いざ補聴器を使用した時に雑音が気になり思うように会話が聞き取れない場合があります。

ペースメーカーを使用していますが、補聴器を使用しても問題はありませんか?

補聴器から発生する電磁波は極めて微弱であり、胸部からの距離も離れているためペースメーカーに悪影響を与えることはありません。

補足説明:携帯電話を使用するときは、携帯電話をペースメーカーから22cm以上離して使用することが推奨されています。

他人から譲り受けた補聴器を使用することはできますか?

耳掛け型補聴器であれば、聞こえに合わせて再調整を行えば使用することは可能です。

補足説明:個人の耳型に合わせてオーダーメイドで作成している耳穴型補聴器は、他人が使用することはできません。また、聞こえに合わせて調整を行わず、他人の補聴器をそのまま使用してしまうと、聞こえの悪化の原因となります。

寝るときには必ず補聴器を外さないといけませんか?

基本的には就寝前に補聴器を外してケースの中で保管していただくことをお勧めしています。

補足説明:1人暮らしなので寝ている間に聞こえないと不安、補聴器を外すと耳鳴りが気になり眠れないなどの理由で就寝時にも補聴器を使用している方もおられます。

汗や湿気に強い補聴器はありますか?

はっ水加工や防水加工の施された補聴器があります。

補足説明:突然の雨降りやスポーツなどでかく汗などを弾いてくれる「はっ水加工」やお風呂にも入れる「防水加工」のされた補聴器があります。(お風呂にも入れる防水タイプは、耳かけ型のみとなります)

耳かけ型と耳あな型では、どちらがよく聞こえますか?

聞こえの状態によって違いますが、基本的にはどちらも同様の聞こえ方になります。

補足説明:聞こえの程度が高度難聴よりも悪くなると、小型の耳あな型の補聴器では音量不足になる場合があるため、より高出力の耳かけ型補聴器が適している場合もあります。また、耳あな型の補聴器を使用した時にご自分の声や噛み合わせの音などが不快に感じる場合にも、耳かけ型が適していることもあります。